なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年10月10日の大崎裕史の今日の一杯

長野県上伊那郡

銀座NAGANOで開催された1日限定の初ラーメンイベント

長野県上伊那郡にある人気店「麺づくり 蒼空」(信州麺友会会長)と長野県伊那市にあるジビエ料理で人気のオーベルジュ「ざんざ亭」のコラボ。ワールドラーメングランプリで惜しいところまでいった「蒼空」店主・竹村さんがその時のラーメンをベースに進化させたラーメンを東京で初お目見え。

INA-Valley 南アルプス中華そば 2000円

中華そば(蒼空担当)
スープ:鹿骨、あばらを使い鹿の旨味・甘味を抽出。
麺:長野県上伊那産小麦を中心に蕎麦粉も配合した自家製麺。
叉焼:鹿ロースと香草のコンフィ、鹿あばら肉

プレート(ざんざ亭担当)
三種ソース(野菜のドレッシング、鹿レバーペースト、根セロリと燻製鹿のピュレ)
肉三種(鹿ソーセージ、猪ハム、熊猪鹿のテリーヌ)
南信州彩り野菜八種

POPを見て「2000円か、いい値段だな」と思ったものの食べてみるとその満足度に「これは安い、もっと多くの人に食べて欲しい」と思った。一日限定がもったいない。とは言っても原価や手間が相当かかっており、2000円では元が取れないほどなので杯数を増やすのも難しかったようだ。

清湯スープは鹿の風味や味がよく出ており、淡白で味が出にくいといわれている鹿でよくぞここまで、という野性味を感じられる奥深いスープ。麺も合っており、信州らしく蕎麦っぽさもありながらしっかり「ラーメン」になっていておいしい。
プレートの三種の肉とラーメン丼の肉2種類が贅沢すぎて、コース料理を食べているかのよう。みずみずしい野菜はどれもおいしく、三種のソースを代わる代わるつけて食べて大変楽しいし、もちろんおいしい。

この空間でのラーメンイベントは初めてらしいが月に一回でもあるいは四季に一回でもまたやって欲しい。それくらい満足のいくイベントだった。(やる方は大変でしょうけど)

お店データ

麺づくり 蒼空 本店

長野県上伊那郡南箕輪村田畑5553-3
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。